スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2015年12月20日

何処でも雪 snow everywhere

12月17日




初雪は、何処にでも降っています。
森も畑も白鳥も雪に降り込められています。




雪囲いをしました。この冬はどれくらいふるのでしょう。



モリガメ



  


Posted by しただ郷 at 12:07Comments(0)自然

2015年12月20日

ついに初雪

the first snow of this year
12月17日




ずっとしただ郷に居なかったのでわかりませんが、多分初雪です。暖かくて里に降るのは遅めの初雪でした。今朝ついに来ました。



モリガメ


  


Posted by しただ郷 at 12:03Comments(0)自然

2015年12月20日

初冬の空にいる何か

something in the early winter sky
12月9日




畑から夕暮れの空を独り見上げます。




帰り道にもUFOみたいな飛行機雲や、




いろんな雲が現れます。




また別の飛行機雲です。
暗くなる前に帰りたいけど、つい足を止めてしまいます。



モリガメ

  


Posted by しただ郷 at 11:55Comments(0)自然

2015年12月20日

初冬の陽射し

early winter sunshine
12月2日




ノンビリな朝。10時頃出かけたのですが、まだ家の前の森に陽が射し朝もやを照らしだしています。




畑も光に満ちていました。
ネギ(上)がグリーンに輝き、トウガラシ(右下)が赤く輝いています。ダイコン、ネギを洗って干して運びます。(左下)みんな家に運びます。午後からもキャベツやハクサイを運びます。それでも畑に野菜がまだまだ残っています。冬ごもりの準備はまだ終わっていません。




畑から見える粟ケ岳の雪もふえているようです。(上)
夕方帰る頃にはもう曇りだしました。遠く守門岳の雪はさらにたくさん積もっています。(下)田んぼにはハクチョウが下りていて、もう冬ですね。



モリガメ


  


Posted by しただ郷 at 11:46Comments(0)自然

2015年12月11日

わずかな晴れ間

short break of the rain
11月30日




午前中久しぶりに晴れました。
粟ケ岳は雪で白くなっていました。(下)




ピーナッツを掘り上げました。(上、左下)掘り上げる時期が遅すぎて、株を引き抜くと切れてしまいます。土中にばらばらに残された豆をいちいち放り出すのは手間がかかりました。
カグラナンバンも全て採り入れました。(右下)
ダイコン、ハクサイ、キャベツ・・・など、まだ畑に未収穫の野菜が残っています。雪に閉じ込められる前にあと何日晴れることでしょう。
午後からは曇り、夕方には雨になりました。



モリガメ


  


Posted by しただ郷 at 10:03Comments(0)自然

2015年12月11日

氷雨の林 forest in the icy rain

11月28日




食べる分だけ野菜を採りに畑に行きました。近くの雑木林は氷雨のにけぶっています。木々もだいぶ葉を落としました。寒いです。




キャベツも立派です。左のやや小ぶりだけど充分大きなのを採ってきました。ダイコン、ハクサイ、ワケギ・・・を採ってきましたが、畑にはまだ未収穫な野菜がたくさん残っています。早く採り込みたいんですが、雨の日が続いて困ってます。モタモタしてると雪で畑に行けなくなります。



モリガメ

  


Posted by しただ郷 at 09:47Comments(0)自然

2015年12月11日

ああー!アラレだ。 the first hail

11月27日




雨の音で外を見てみたら積もったアラレが溶けかけていました。




紅葉の上にも積もってました。今年の初アラレです。
雨なんで横着して、2階から300mmで撮りました。



モリガメ

  


Posted by しただ郷 at 09:41Comments(0)自然

2015年12月11日

秋のおまとめ omnibus 2015 fall

11月27日




秋の終わりもそろそろです。
しただ郷の秋をまとめてみました。





モリガメ

  


Posted by しただ郷 at 01:54Comments(0)自然

2015年12月11日

モリガメ心の俳句 その36

フォト575 Haiku and Photo
11月14日




"時雨の間 いそぎ摘み採る カキノモト"





食用菊のカキノモトもそろそろ終わりです。最後にいい花を選んで摘み採ります。




しばらく車で待っていたら、冷たい雨も止んできました。粟ケ岳も見えてきました。




畑から戻り、裏山にナメコを見にゆきます。もうホダ木が古くなりほとんど出ません。東京みやげにするほどもありません。明日、仲間と鴨鍋パーティーなんで鍋に入れて食べましょう!
ナメコを採ったら、また、雨が降りだしました。



モリガメ



  


Posted by しただ郷 at 01:36Comments(0)自然

2015年12月11日

きれいなイチョウの木の下に

under the tree of beautiful ginkgo
11月13日




八木ヶ鼻の見えるところにきれいなイチョウの木があります。




大きなイチョウの木です。




辺りの道は黄色い落葉が敷き詰められています。




撮影に夢中になっていたら、フッと自転車で人が行きました。
静かな秋です。



モリガメ


  


Posted by しただ郷 at 01:16Comments(0)自然生き物

2015年12月11日

梢スッキリ clear tree top

11月12日




何時も通っている畑への道から、木々の梢がクッキリと見えます。空と光の加減でしょう。木1本1本の樹形が際立って見えます。それぞれの木の個性が透けて見えるようです。



モリガメ

  


Posted by しただ郷 at 01:05Comments(0)自然

2015年12月11日

最後の一葉 The Last Leaf

11月12日




The Last Leaf といえば、英語の教科書にあった O. ヘンリーの短編小説を思い出しますよね。
私の小さなイチョウの苗も2度目の冬が近づいて、一枚の葉を残すのみです。
冬囲いをしてやらねばなりません。




棚鱗の開発畑のブルベリーはもうバッチリ冬囲いを終えています。(上)
辺りはすっかり紅葉ですが、(下)冬はもうそこまで来ています。



モリガメ
  


Posted by しただ郷 at 00:50Comments(0)自然

2015年12月11日

秋色シミジミ chestnut leaf color

11月9日




2階の窓から見るクリの葉です。
今日は雨です。割に温かな雨です。葉が濡れて深い色に見えます。



モリガメ

  


Posted by しただ郷 at 00:35Comments(0)自然

2015年12月11日

そろそろ冬準備

get ready for winter, little by little
11月7日

まだですが、吉ヶ平も少しづつ冬ごもりの支度を始めます。




紅葉の八木ヶ鼻を右折して牛野尾谷へと進みます。




ゲートを過ぎて細い道を進みます。上からクズのツルが垂れてます。




うちの山で菌を打ち込んだボダ木を吉ヶ平へ運び込みます。ナメコとシイタケです。時間がなくてずーっと我が家に置きっぱなしでした。雪の来る前に移動させておかねば!




吉ヶ平へと続く道は豪華な紅葉の森を行きます。
吉ヶ平山荘ではドラム缶風呂を物置に運び込んだりと、外にあるもの片付けから冬準備をします。




今日は何とか晴れましたが、明日の天気はどうでしょうね。
西の網張新道の方の空は曇っています。



モリガメ

  


Posted by しただ郷 at 00:10Comments(0)自然生活

2015年11月12日

秋空を見つめて Autumn sky

11月4日







朝からよい天気。畑でススキが光っています。




空高く、太陽の側を飛行機が飛んでいます。




夕方になり袴腰山が焼けて「赤富士」のようです。



モリガメ
  


Posted by しただ郷 at 21:47Comments(1)自然

2015年11月02日

17人の個性 individuality of 17 people

写真教室2
11月1日




吉ヶ平奥の雨生池周辺での写真教室は私を含めて17人です。
皆さんと楽しく撮れたというだけじゃなく、とても勉強になります。というのも、私たちプロの撮るものって意外性がないんですね。というか、意外性があっては仕事としては具合悪いのです。クライアントの望むイメージを撮らないといけないわけですからね。
だからアレをこう撮ると、こんな感じになると見通せて撮るとわけです。ところが、みなさんは大方撮ったらどういう上がりになるかがわからず、カメラ操作に四苦八苦して撮ってみたらこうなったといった塩梅です。撮る以上は何か感じて、きれいだなとかいいなと思ってとられているんですけど、思ったイメージとは違うものに上がることが多いんです。それはいいことではないわけですが、たまにけがの功名的なことがあります。数を撮っているとそういうことがなくなり"上手くなって"、プロっぽくなっていくわけです。でも、その分意外さはなくなるんです。意外性とか偶然性というのも写真の大事な要素です。

それだけじゃなく、やはり人が違えば感じるものが違い面白いです。
だからとても参考になることが多いし、目が開かされることがあります。
今日の作品の中から、私を含めて一人1枚づつ17枚を選ばせていただきスライドショーにしてみました。17人の個性が響き合っています。
「秋の光溢れる森に冬がしのびよってくる1日の空気」が、感じられるものになりました。
失敗するのも経験です。写真を撮るのを楽しみながら続けてゆけば、そのうち大化けしますよ!





モリガメ

  


Posted by しただ郷 at 15:18Comments(0)自然

2015年11月02日

今日が最高! today is the best day!

11月1日




ガイドをする度に、お客さんに「今日が最高です!」って言っています。うそつきみたいですが事実です。昨日より今日の方がいいんです。(まるで高度成長期みたいな言い方です。)
今日は吉ヶ平写真教室です。雨の日の間の奇跡のような晴天です。紅葉バッチリ!しかも、守門岳は初雪です。最高でしょう!




紅葉と初雪の取り合わせになりました。




雨生池沿いのブナの道を行きます。




ブナの黄色い葉が輝き(左上)、ブナの実もたくさんの落ちています。(右上)
前方に30匹ほどのサルの群れがいました。(下)群れに導かれて私たちも少々奥に行き過ぎました。




紅葉の間に間に覗く雨生池が輝きます。




いつまでも紅葉の森に身を置いていたい1日です。じっくり撮っていただきたいのですが、「いい湯ら亭」の予約時間も迫ります。「たくさん撮って下さい。」とか「撮るのはやめて、急いでもどりましょう!」とか矛盾したことを言って申し訳ございませんでした。
30分押してしまったのはガイドとしてまずかったです。反省します。好条件過ぎて調子に乗りすぎました。

とても楽しく過ぎせたことと、皆さんがたくさんの傑作が撮れたことでどうかお許し下さい。
私たちガイドもとても楽しい時間を皆様と持てたことを、心から感謝いたします。ありがとうございました。
写真を撮る楽しみを味わっていただくのが写真上達へ道です。ヨロシク〜〜〜



モリガメ
  


Posted by しただ郷 at 15:12Comments(0)自然

2015年11月02日

錦繍の山上湖

mountain lake of autumn leaves
10月29日

11月1日に吉ヶ平で写真教室を開催予定です。吉ヶ平から雨生池へ行くつもりです。





撮影後「いい湯ら亭」で食事をしながら撮った作品の講評会をします。そこで、昨日「いい湯ら亭」の部屋の下見に行ってきました。(上)




今朝は天気予報に反して快晴でした。あわてて写真教室のロケハンに雨生池に行くことにしました。吉ヶ平の裏の猿ガ城もスッカリきれいに紅葉しています。(上)




吉ヶ平の紅葉もまだ大丈夫です。




湖畔沿いの道を上ると、ブナ林越しに見える雨生池がきれいです。










美しい景色につられて上へ上へと行きます。




紅葉越しにカモが見えたり、(上)オオムラサキ(左中)やマムシグサ(右中)の実も鮮やかです。ヤマブドウ(左下)やカエデ(右下)の紅葉にも目を奪われます。




結局、番屋山にも上ってしまいました。稜線から見下ろす紅葉に囲まれた雨生池が見えます。
粟ケ岳、青里岳、矢筈岳、烏帽子山、守門岳と素晴らしい展望ですが、天気は荒れ模様になってきました。寒いし雨も降り出したのでそこそこに頂上を退散しました。
下りの稜線スレスレに、馬追沢側から守門川側へとチョウゲンボウ(小型のタカ)が飛び越えて行きました。ほんの10mほどの近距離を一瞬に飛び去りました。確か前回番屋山に上った時も同じようなことがあったんで、デジャブのような感覚を覚えました。




馬場跡の碑のあるあたりまで来るともう雨が降りそうです。
素晴らしい紅葉が見れてラッキーでしたが、本番の写真教室の時の天気がどうなることか?でも、雨にやられなきゃ、いい作品が撮れると思います。



モリガメ


Posted by しただ郷 at 14:52Comments(0)自然

2015年10月26日

八十里越体感バス V

Bus Tour of Hatijurigoe
峠のイヌワシ golden eagle in the sky above the mountain pass
10月25日

今日は「八十里越体感バス」のガイドをする日です。




午前便ガイドの時に、国道工事の説明の為に停車する8号トンネル前の広場(下)から鞍掛峠を見上げると、その上空をイヌワシが舞っています。左の三角の山が鞍掛山でその右下の低い所が鞍掛峠です。
遠くて点にしか見えませんが(上)、イヌワシ調査で見慣れている人に教えてもらってやっとわかりました。1分ほど見えましたが、すぐに山陰に隠れてしまいました。




今日は紅葉が最高にいい日です。




ただし標高差が大きいので、最高地点の県境トンネル只見側辺りでは既に木々は葉を落としています。
関屋ツンネ(上)辺りはまだきれいだし、ボタ橋(下)辺りは最高潮です。

いつも以上の歓声が聞けて、お客さんにも秘境八十里越の紅葉を堪能していただけました。

このバスツアーも残すところあと2回になってきました。私は最終日11月8日の1回だけです。
このツアーについて先月三条市役所が、「産業観光まちづくり大賞」に於いて観光庁長官賞を受賞したとの通知がありました。その賞がどんなものかはわかりませんが、それなりに評価をされた結果のようです。



モリガメ

  


Posted by しただ郷 at 02:11Comments(0)自然

2015年10月26日

秋の色 color of fall

10月19日




カキノモトがやっと咲きだしました。平野部よりだいぶ遅いみたいです。
その分色も濃く美味しそうに見えるのは、気のせいでしょうか?




畑から下る道沿いの木々も色づいています。
オオカメノキの紅葉です。




クリは黄色です。




ミヤマガマズミ、ヤマウルシは真っ赤です。

明るい秋の光にキラキラ輝いています。



モリガメ


  


Posted by しただ郷 at 01:36Comments(0)自然