スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2012年03月28日

薬師様とザル作りの里

下田の名峰として知られ 信仰の山でもあった粟ケ岳(1292.7m)は 宝寛十一年(781)仙眞法師修行行脚のおり霊夢の告げにより四国阿波国五験より如来を背負い来り。当地三峰に草庵を結びて安置し 阿波の薬師と称しその山を阿波ケ嶽と称す。後に阿波を粟の字に改めたと云う。その山の麓に広がる北五百集落は 粟の薬師様・十石銀山・ザル作りなど昔からその名を知られていた。



粟ケ岳には 奥ノ院(峰の薬師堂)・浄土と称する石窟・おお堂(文字不明)などがあり 信仰厚い山だったようだ・今から200余年ほど前の作だと云う奥ノ院は 昭和8年4月火災にあい焼失 今 ここを堂平と呼んでいる。新田一族も活躍したのか 小城の跡 砦の越(トッぺノコシ)・トウナイ城・蔵元・牛小屋などと呼ぶ地名も残っており粟ケ岳は奥行きが深い。






撮影昭和40年代後半

特産のザル作りの起源は不明(江戸時代か)となっているが 昔から ザル作りは北五百川の特産として冬の大事な仕事。戦前は1000個も作った家が何戸もあったとか 大正10年産出高一万五千個なりと云う。戦後も作っていた家が有ったようだが 話に聞くと現在は無いようだ。技術継承が惜しまれる。
資料 森町沿革誌 昭和の五百川覚書 

 ギンナン 爺  

Posted by しただ郷 at 18:08Comments(0);歴史

2012年02月11日

日本一の中砥と名声を博した笠堀砥

 笠堀砥について簡単にまとめて見た。 笠堀砥は五十嵐砥とよばれ 日本一の中砥として名声を博したた。江戸時代「越後産物くらべ」という番付にも名を連ねていた。写真下





 カモシカと秋の紅葉で知られている 旧下田村笠堀とよばれる集落に 砥沢川(地元ではトゾゥとよんでいる)という 福島県境から 笠堀ダムへと流れこむ渓谷美ゆたかな川がある。その上流 集落からトゾゥ道(現光明山登山道)を辿ること5~6時間の所に 大鼻坑道はある。大鼻坑道での笠堀砥採掘は大正13年~昭和30年前半まで続いた。地下坑道による産出前は露天掘りであった。
 
写真下 大鼻坑道発掘紀念大正13年8月25日朝6時ごろ撮影とあった。





 笠堀砥沿革史には 我ガ笠堀砥石ノ発見ハ其記録ナクシテ明カナラザレ共往古ヨリ砥石ヲ採掘シタル旧坑道其他伝説に依レバ200有余年前ナルベク天保時代ノ記録ハアレ共其以前ノ記録ハ遺憾ナガラ見出スヲ得ズ 伝説二依レバ四朗・五郎・三太・松兵衛ト云フ者ガ発見セシリトアリ其時代不明ナリ以上ノ数名ノ者ガ現砥山付近ニテ塩木ト云フ薪材ヲ伐採二入山セシ杣ガ発見セシモノト思料セラル其時代不明ナリ。

 我が笠堀は 往古より耕地少なく(中略)砥石を唯一産物として生計をたてたとあり 一時期全戸といっていいほど砥石採掘に従事した。
 砥石は共同で採掘しあら割にて分配 各自現場で加工し背負って中だし小屋まで運びそこから集落へと運んだ。多い人は男で33貫あまり女で17貫あまり背負ったと聞いた。ですから 荷が重いため浮き石にのる(踏む)とバランスをくずし谷底へ転落するので 箒で道をきれいにしながら歩いたという。




写真上 砥山で宿泊した建物「もろぎ小屋」 そこを食砥(しょくど)と呼んだ。

 収入も多かったのか 一時期ほぼ全戸が採掘に従事し 又 大正年間かなりの撮影料で有ったと思われるが 泊りで長岡の写真館に写真撮影を依頼しておる。
 笠堀集落には 砥山はまさに宝の山だったと思われる。


参考資料
笠堀砥沿革史(坂井重太郎氏蔵) 笠堀郷土誌(坂井裕氏蔵)
写真提供 熊倉岩男様他

 ギンナン 爺

 
  

Posted by しただ郷 at 17:11Comments(2);歴史

2011年12月08日

狸様

 古き時代のタヌキ物語。
 毛皮は高値 肉は狸汁 なんと汁になるまで人間様に奉公した哀れな狸だった。最後は タヌキに化かされたかは定かでない。



 旧森町村は 昭和初めから17年頃まで「狸」の皮が高値で取引された為に「狸」の飼育が盛んであった。満州事変・支那事変・満蒙開拓・太平洋戦争開戦と激動の時代 軍隊・開拓民の防寒対策として「毛皮」が必要だった。
昭和8年 毛皮商の買い入れ価格一枚24円と超高値であった。昭和8年の米価は 一俵10円80銭と記録にある

 明治時代から県下でも教育熱心な村として 名声を博し 文化人も多数  文化の里 詩の里もであった。
  写真は 八木山山頂から昭和15年ごろか。
  ギンナン 爺  

Posted by しただ郷 at 13:55Comments(2);歴史

2011年09月14日

誰が作った城か 

崩れた石垣





三条市(旧下田村)北五百川粟ケ岳山麓蔵元に『トウナイ城』と言伝いられる山城跡がある。
存在を 知る人も数すくなくなくなり忘れ去られる日も遠くないだろう。近くに砦の越し(トッペのコシ)があり 蔵元と言う地名は 武器弾薬 食料等を 備蓄した蔵が有ったと今は 亡き古老から聞いた。70歳後半の人から聞た話ではでは 子供の頃蔵元に田んぼが有ったので 城跡の付近で素焼きの皿ツボ等拾って遊んだとの事。行って見ましたが 石垣は崩れ皿等は落ち葉が堆積し残念見つかりませんでした。では誰の城か 新田義貞3男義宗が 越後で挙兵し北朝方と戦ったと伝えられている。岳山城(加茂市)は その時籠もって戦った城と言われ 蔵元とは近く山で繋がっている。その事に関係が有るのか今となっては分からず。

八木神社には 南北朝時代の雄新田義貞・義顕・義興・義宗 父子四将を合祀し 新田の紋・丸に一引両・が神紋となっている。

  ギンナン 爺  

Posted by しただ郷 at 06:12Comments(1);歴史