スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2010年05月16日

ヒメサユリまつりがはじまりました


しただの新屋地区にある「長禅寺」では毎年ヒメサユリ祭りにあわせて城主供養際が行われます。


高城の城主は初代長尾豊景で、1426年に築城されました。しかし5代目城主長尾藤景は川中島での出来事を理由に謀殺されてしまいます。その後家臣が高城に篭城しましたが栃尾城主に攻められて落城したそうです。


長禅寺のご住職と地域の世話役の皆様が供養祭に参加されました。

そしていよいよ・・・ヒメサユリの小径を目指します。


途中の上り坂はきついですが、上ってしまうと遊歩道がつづきます。今日はモリガメさんと合流して案内してもらいます。

緑あふれる木陰の中をゆっくりと上っていくと・・・。本来なら、この辺一面ヒメサユリのはずですが、今年は1週間ほど開花が遅れているようです。


まだつぼみがうっすらと色づく程度です。でも、高城の魅力はヒメサユリだけではありません。


「チゴユリ」です。とても小さく、背が低いので見落としがちですが、可憐な花を咲かせています。


「イワカガミ」です。ピンク色のかわいい花です。


そして「ミツバツツジ」です。時期的に終盤のようでしたが、きれいに咲いていました。

今回はモリガメさんともう一人、植物に詳しい市役所の職員の方と歩き、教えていただきながら歩けたので、楽しいひと時でした。
そして、山登りの一番の醍醐味は・・・



やっぱりこの雄大な景色を見れたことですね。「登ってよかった」と思える一瞬です。
今度はヒメサユリが咲いたころにまた登ってみます。face02


ヒメサユリまつりを見るにはシャトルバスを利用すると便利です。道の駅漢学の里 悟空駐車場から期間中毎日運行しています。平日は30分おき、土日は15分おきです。(シャトルバスの利用は無料です。)
上の写真は今年導入された三条市のラッピングバスです。特産品の金物や観光名所の八木ヶ鼻、ヒメサユリなどをデザインした、三条ならではの走る広告塔です。運がよければこのバスに乗れるかも・・・。
※会場では5月31日まで、ヒメサユリ祭りの期間中は協力金お一人200円を頂いています。


ひーちゃん
  


Posted by しただ郷 at 15:18Comments(0)自然

2010年05月16日

ラジオ出演~♪



14日は燕三条エフエムにしただの方たちが出演されました。番組は18時30分からの倉重美智子さんの番組、「遊びにいらしてぇicon06」です。
いつも明るい倉重さん、スタジオに入ると、さらにいつもよりパワフルというか、さすが”プロ”という雰囲気があります。


内容はヒメサユリまつりについて、まずは越後三条 高城ヒメサユリ協議会の木村六郎さんのお話です。「ヒメサユリの開花状況はいかがですか・・・!?」との質問に「実はまだ咲いていないんです・・・。」 「エーッ、まだ咲いていないですか・・・」という所でも倉重さんはひるみません。以前にご自分が見られたときの様子を話されて、「ヒメサユリが一面に咲くととってもきれいですよねー。」と次につなぎます。「木村さん、ヒメサユリの花の魅力は何ですか?」と話しはつづきます。


そして「うんめもんフェア」の副代表、五十嵐祐子さんのお話です。
「今年は山菜がこれから旬で~す。」、「しただの笹団子は”ごんぼっぱ”で作られていますよ・・・。」としただの直売所を思いっきりアピールしてもらいました。


そして番組収録後、3人で記念撮影です。「ハイ、ポーズ!」
お疲れ様でしたー!! ラジオを聞かれた皆さん、是非一度、しただに遊びに来てくださいね。


ひーちゃん
  

Posted by しただ郷 at 14:45Comments(0)イベント

2010年05月16日

市民農園 3



市民農園に行き、隣の区画の方と喋ってたら、モリガメ・ブログとしただ郷・ブログを見ていて下さってるとのことでした。嬉しいですね。ブログやってる張り合いが出ます。
それと、同じ市民農園メンバーでブログをやっている方がいるんだそうです。後で調べたら、旧北国街道沿線史跡ぶらり散策( http://blog.goo.ne.jp/isao-takabatake )というなかなかの格調高いブログでした。

遠くでブーンと音がするので、見上げると五十嵐川の谷を下から飛んでくるパラグライダー(パラモーター)でした。農園脇を通り過ぎかなりの早さで粟ヶ岳方向へ飛んで行きました。しかし、この農園は良い眺めです。



植えたジャガイモが掘り起こされる被害が2名の方で発生していました。掘って転がしてあって食べられているわけではないとのことです。1名の方の被害は大きく、再度イモを買ってきて植えなおしたそうです。その方はカラスではないかとおっしゃっていました。他にはタヌキ?サル?
そういば帰りしに写真のあたりでキツネかタヌキのようなケモノ臭がしました。犯人?犯獣?


モリガメ  


Posted by しただ郷 at 02:53Comments(0)レジャー・アウトドア