スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2010年09月19日

チェンバロコンサート



9月18日(土)に新潟市のりゅーとぴあで古楽器のコンサートが行われました。



以前にもお知らせしたこのコンサート、しただ在住の製作者、高橋靖志さんのチェンバロとクラヴィコードも出演しました。
今回はバッハやハイドンなど、なじみのある作曲家の古楽も披露されました。オーケストラと違い、宮中などで楽しまれていた古楽は小編成が多いようで、そこに歌っが入ります。古典的なチェンバロや弦楽器・笛などとともに、ソプラノの女性たちの歌声がスタジオ内に響き渡りました。



さまざまな古楽器が展示されていました。



休憩の合間に調律の時間が入ります。こちらは三条市在住のチェンバロ奏者、矢百板さんです。
奥のほうには花柄などのゴージャスなチェンバロもありました。



そして、こちらは高橋さん、シンプルなチェンバロは高橋さん作のイタリアモデル。シンプルですが、あきのこないデザインです。

そして、今年も12月5日(日)に諸橋轍次記念館でチェンバロとクラヴィコードのコンサートが行われます。
このコンサートに出演されるクラヴィコード奏者筒井さんも今回演奏されていました。
とても繊細な、素敵な音色でした。
詳しくはこちら、クリックしてみてください。


ひーちゃん


  


Posted by しただ郷 at 22:15Comments(0)芸術