スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2013年08月29日

エゾゼミ

about cicada
8月29日



エゾゼミ cicada named "Ezozemi"




エゾゼミ cicada named "Ezozemi"


暦の上では夏が終わろうとしています。でも、セミの夏はまだ続きます。エゾゼミも7月半ばから9月半ばまで暑い盛りに鳴いています。ただその鳴き声は「ジー」っと何の抑揚もなく機械的な音です。だから人によってはセミの声と認識されてないかも知れません。山の方のマツ、杉など針葉樹林にいます。しただのモリガメ・ハウスの周りでもたくさんいますが、平地にはいません。エゾといいつつも全国にいます。

セミはどちらかというと熱帯や亜熱帯の森林地帯に分布の中心を持ちます。ヨーロッパ、北米にはあまり一般的ではないようです。(南欧や、北米の十七年ゼミなどいることはいます。)
だからセミを知らない欧米人は多く日本でセミの声を聞き「なぜ木が鳴くのか」と驚いた人がいたそうです。暑い夏を思い起こすセミの声も、彼らには雑音にしか聞こえないらしいです。エゾゼミの声を知らない人には、それがセミの声とわからないようなものです。芭蕉の「静けさや 岩にしみいる セミの声」なんて、どう説明したらいいんでしょう?
そんな具合なので、日本のドラマを欧米に出すとき、夏の場面ではセミの声を消して送るのだそうです。Jejeje!



モリガメ

  


Posted by しただ郷 at 19:18Comments(0)生き物