スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by LOGPORT運営事務局 at

2014年02月22日

冬芽探し

looking for winter buds
2月21日




スノーシューを履いて裏山へ冬芽探しに出かけます。見渡す限りうちの山ですが奥までは、道がないので雪のある時しか行けません。ウスタビガの繭(秋に成虫が羽化しているので、抜け殻です。)の鮮やかな緑が色の無い冬の林で目立ちます。




タムシバの冬芽です。雪が降ってきましたが、毛に覆われて暖かそうに見えます。雪が付いてもへいっちゃらて感じです。春が来れば白い花がきれいな里山のマグノリアです。




両手を上げてバンザイをしているようなオオカメノキの冬芽です。楽しそうに踊っているようにも見えます。




葉芽の両脇の花芽が丸くかわいいオオバクロモジの冬芽です。




左上からクリ、オクチョウジザクラ、ウリハダカエデ、コシアブラの冬芽です。




同じく左上からコナラ、ヤマウルシ、リョウブ、ホウノキの冬芽です。
鱗や鞘、毛と様々に寒さをしのぐ覆いをまとい、いろんな形をしています。

もう少し行こうと思っていたのですが、撮りながら歩いていると進まないので体が冷えてきました。手が動かなくなってきました。雪も激しくなったので帰ります。



モリガメ



  


Posted by しただ郷 at 01:01Comments(0)自然