2011年08月22日

高城復旧作業



「ヒメサユリの小径」で知られる高城城址までの遊歩道、7・29豪雨で「たら沢のへつり」の先のがけが崩れました。今日は高城城址保存会の皆さんと新たな道の付け直し作業です。
写真の場所まではいけますが、そこから先は崩れています。





今まで道だった所が、丸ごとえぐり取られたようになっています。




今日は地元の保存会メンバー6人の皆さんがチェンソーやナタ、ノコを持ち込み、どんどん木を切っていきます。8時半から始まり、あっという間に11時ごろには完成しました。
距離にして300mぐらいでしょうか、60代以上の皆様ですが、その作業のスピードは速く、とてもついていけません。

また、途中の道で炭焼きの跡を発見。昔はこの山をなりわいの場としていたんだなあとメンバーの皆様も懐かしそうに眺めていました。

お昼頃には市役所の担当者の方も状況確認にこられ、登山コースの復旧に向けて着々と準備は進んでいます。




自然が猛威を振るった後にも、たくましく育つ生き物たち。途中の小径には動物の痕跡もありました。高城に誰もが安心して登れる日が早く来ますようにと願いつつ、高城を後にしました。


ひーちゃん





同じカテゴリー(自然)の記事画像
ヒメサユリ開花情報 2017.06.04 flowering information of Himesayuri
今年の自然薯
桜の木に桜桃を接ぐ
恋するキョロロ
棚田で女子会
ヒメサユリ開花情報 2016.05.28
同じカテゴリー(自然)の記事
 ヒメサユリ開花情報 2017.06.04 flowering information of Himesayuri (2017-06-05 14:06)
 今年の自然薯 (2016-06-30 17:18)
 桜の木に桜桃を接ぐ (2016-06-17 10:56)
 恋するキョロロ (2016-05-31 08:23)
 棚田で女子会 (2016-05-30 11:28)
 ヒメサユリ開花情報 2016.05.28 (2016-05-29 19:25)

Posted by しただ郷 at 16:15│Comments(2)自然
この記事へのコメント
復旧作業、お疲れ様でした。
山での作業はやはり経験がものを言うようですね。
地元の方々のご努力には、本当に頭が下がります。

皆さんの復旧作業にお応えすべく、高城を一つの足がかりにして、しただ郷をぜひ盛り上げていきたいものです。

ちなみに白いキノコは、シロオニタケでしょうか。
里山の代表的なキノコの一つですが、残念ながら食用ではないようです。
Posted by Yコバ at 2011年08月22日 17:16
Yコバさん、早速のコメントありがとうございます。

お盆の不摂生がたたって、山に登るのがやっとの状態。
お恥ずかしい限りです。
途中でマムシにも遭遇し、地元の方は素手で捕まえていました。
マムシ酒にされるそうです。(^_^;)

ひーちゃん
Posted by しただ郷しただ郷 at 2011年08月22日 17:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。