2012年06月02日

虫たち ヒメサユリの小径で

6月1日

6月に入り高城・ヒメサユリの小径は満開のヒメサユリに彩られています。



上 ヒメサユリの蜜を吸うコチャバネセセリ
 下 体に花粉が付く


ヒメサユリは種で増えるタイプのユリです。
花の奥にチョウチョがいます。コチャバネセセリのようです。蜜を吸いに来たコチャバネセセリの体に花粉が付きます。こうして花殻花へと花粉が運ばれて、受粉して新しい種が作られてゆきます。



上 アシナガバチの巣 卵が見えます
 下 お母さんハチが巣材を咥えて戻ってきました。


タチシオデの葉裏にアシナガバチの小さな巣を見つけました。1匹のメスハチが最初の巣をつくり、これからだんだんと家族のハチを育てて、巣も大きくなってゆきます。



モリガメ




同じカテゴリー(生き物)の記事画像
棚田で女子会
ヒメサユリ開花情報 2016.05.28
ヒメサユリ開花情報 2016.05.25
ヒメサユリ開花情報 2016.05.21
ヒメサユリの小径写真教室
ヒメサユリ開花情報 2016.05.09
同じカテゴリー(生き物)の記事
 棚田で女子会 (2016-05-30 11:28)
 ヒメサユリ開花情報 2016.05.28 (2016-05-29 19:25)
 ヒメサユリ開花情報 2016.05.25 (2016-05-25 22:32)
 ヒメサユリ開花情報 2016.05.21 (2016-05-22 02:28)
 ヒメサユリの小径写真教室 (2016-05-20 12:08)
 ヒメサユリ開花情報 2016.05.09 (2016-05-10 01:50)

Posted by しただ郷 at 02:51│Comments(0)生き物
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。