2012年09月23日

八十里越え回想・オヤジたちの大冒険ⅴ

幾多の障害を乗り越えて



上 これが道?木の根峠への登り 左下 道に交わる沢ごとが崩落 右下 松ヶ崎からの県境の山々


田代平からは全員にとって未体験ゾーンです。暫らく行くと左の山と右の谷地の間をゆくあたりにさしかかります。微かなトレースも途絶え、しなだれかかる木や背丈を超える草に阻まれます。戻ってルートを探しますが、それらしい道はありません。ここを突破するしかありません。鉈で茨を払いながら進みます。この時期にこのあたりを通ることは無謀のようですが、何とか正しい道をみつけました。手は傷だらけです。
木の根峠を過ぎると水平な素晴らしい道ですが、右に曲る度に崩落した沢に出会います。天国と地獄の繰り返しです。
使わないだろうと思いつつ用意した鉈もザイルも活躍することになりました。他に足が攣り「つむらの68」まで飲むことになる始末です。



上 無傷な個所は極楽道です。 下 あと1時間足らずのところで只見側からのサポート隊と出会います。


サポートは松ヶ崎近くまで行き、あまりにも我々が来ないのでそこから引き換えし中のところだったようです。そこに我々が追い付いたようです。めでたしめでたし。
ひとまず安心。あとは温泉を目指すのみ!





温泉の前に、只見町側の「八十里越を歩く会」や八十里越にかかわる方々にお目にかかります。今後八十里越に関して相互に交流するための手がかりになってゆくことでしょう。

昨年の水害以来八十里越ルートは様変わりしています。全行程を一日で通過するには、道をよく知ったベテランが6月に行うしかないようです。・・・・・只見町の温泉で湯につかりながら、乗り越えて来た山並みを皆で語らいました。そして、これからの八十里越への我々の夢も。

ひとまず八十里越回想録は完了です。

この探検ツアーの詳しい報告は、吉ケ平ブログをご覧ください。面白いですよ!



モリガメ




同じカテゴリー(県境の山々)の記事画像
八十里越体感バス VI
八十里越えの山々
2013年秘境・八十里越え
八十里体感バスも行く山々
堂々公開・八十里動画!
八十里越え探検隊・前日
同じカテゴリー(県境の山々)の記事
 八十里越体感バス VI (2015-12-11 00:27)
 八十里越えの山々 (2013-11-15 19:07)
 2013年秘境・八十里越え (2013-11-11 10:51)
 八十里体感バスも行く山々 (2013-07-18 11:04)
 堂々公開・八十里動画! (2013-06-20 12:10)
 八十里越え探検隊・前日 (2013-06-17 00:18)

この記事へのコメント
ひさし振りに、「八十里越え」を検索したら、しただ郷ブログオヤジたちの大冒険、吉ヶ平ブログ、爺のもあった。まだ、いろいろあり、なかなか面白い。
Posted by ギンナン爺 at 2012年09月24日 06:29
八十里越えに関してもいろいろ教えて下さい。
Posted by モリガメ at 2012年09月24日 07:21
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。