2012年10月29日

赤松岩窟堂

岩窟は、赤松と呼ばれている地名。国道289号線から入った山腹にある。岩がせり出し屋根となり、その広さは8畳余りにして、石仏2体が安置されている。今は知る人もわずかになった。






写真上下とも98年12月19日撮影

伝説によれば秀廓なる人、この天然の岩窟に石仏(黒いほう)1体を安置したと伝わる。他の1体は弘化五年四月一輪上人と云う木食行者来りて岩窟に住居すること四、五年自ら石仏を彫り供養し奉りしもの。霊験著明なりとして道俗袂を連ねて参詣せり。台座には、是 弘化五年成申四月十三日 木食行一輪者 奉眼請 大谷チ村地岩屋と、彫られている。今は道も無く訪れる人はいない。石佛は静に村落を見守っていた。



2011年5月12日撮影。あら不思議何時の間にか、前から安置さられていた黒い石佛が台座を残して無くなり、御影石の石佛に代わっていた。
参考書 森町村沿革誌

 ギンナン 爺



同じカテゴリー(;歴史)の記事画像
明治新道草刈り
今はダムの底となった大谷集落の大杉
戸数3戸まで減ったある集落
ルンルン!古道調査
八十里越街道沿いにあった宿屋兼茶屋・しもの茶や
130年余りの歳月が流て
同じカテゴリー(;歴史)の記事
 明治新道草刈り (2015-10-22 11:55)
 今はダムの底となった大谷集落の大杉 (2015-01-24 14:54)
 戸数3戸まで減ったある集落 (2015-01-15 14:17)
 ルンルン!古道調査 (2014-11-12 03:10)
 八十里越街道沿いにあった宿屋兼茶屋・しもの茶や (2014-08-27 16:08)
 130年余りの歳月が流て (2014-07-07 16:47)

Posted by しただ郷 at 21:50│Comments(4);歴史
この記事へのコメント
縄文人のが住んでいたと言われる室谷洞窟にそっくりですね。
Posted by 平岡 at 2012年10月30日 15:55
にてますね。室谷よりチョツト広いかな。室谷は今紅葉いい時期かもね。
Posted by ギンナン爺 at 2012年10月30日 19:44
これは珍しいですね。
今度、お時間あるときに連れて行ってくださいませんか?
Posted by ひー at 2012年10月30日 23:17
何時でもどうぞ。ハイキングコース。
Posted by ギンナン爺 at 2012年10月31日 13:20
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。