2012年12月07日

しただの古民家~その3~



雪がしんしんと降る中、笠掘集落のとあるお宅にお邪魔しました。

笠掘姫の家の分家に当たるという、熊倉さんのお宅です。

珍しい、曲り家のつくりは、昔馬を買っていた名残だそうで、向かって右側に馬屋があったそうです。
トラクターも耕運機もなかった時代、馬や牛が農業を支えてくれていました。その名残がいまだに残っています。

85歳になるおばあちゃんが出迎えてくれました。



外に飼っている犬は猟犬「ロッキー」、ポインターです。
ご主人は長年猟友会の会員です。



こちらのお宅は寛永年間に立てられたという木札が屋根裏に貼り付けてあったということで、300年も続いているというお宅です。
その中でも、こちらの仏壇はとても立派です。

笠掘姫のお屋敷から引き継いだという仏壇、漆の上に金泊が貼られていたようです。
かなりの年代物です。



こちらの鐘も漆塗りの、年代物らしい風格。



そして、最奥地の笠掘らしく、熊の毛皮がありました。
ご主人が取られたものをフェルトで裏張りして、大事に扱っていらっしゃいました。



こちらは狸の毛皮で作られた腰巻、あったかそうです。



生きているかのようにも見えるテンの剥製。

山奥ならではのくらし・文化を垣間見させていただきました。



同じカテゴリー(伝統・歴史)の記事画像
毎年恒例
河井継之助敗走ルート
消えゆく下田の古民具
今年もだんごいただきました
竿はかり
しただ鉈Ⅹ
同じカテゴリー(伝統・歴史)の記事
 毎年恒例 (2014-12-30 17:36)
 河井継之助敗走ルート (2014-05-18 23:33)
 消えゆく下田の古民具 (2014-03-21 10:53)
 今年もだんごいただきました (2014-02-17 10:51)
 竿はかり (2014-02-04 15:30)
 しただ鉈Ⅹ (2013-06-13 16:40)

この記事へのコメント
寒い雪の中、取材ご苦労さん。
Posted by ギンナン爺 at 2012年12月07日 18:06
ギンナン爺様、ありがとうございました。
おかげさまで貴重なものを見せていただきました。
Posted by しただ郷しただ郷 at 2012年12月07日 22:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。