2013年04月17日

雪が消えた後から

長かった冬とお別れ、野に山に春が来ました。
雪が消えた後から


マイタケの一斗缶での栽培、豪雪で押しつぶされたと心配したいたが、無事であった。昨年の秋手に入れ置いたもの、10月初めになると、口いっぱいのマイタケが出てくる。にくが厚く香りも天然マイタケに、劣らない。栽培のやりかたは特許があり、誰もがまねをすることができず、あの有名な雪国マイタケにも無いマイタケである。
雪が消えた後から

雪が消えた後から


下田郷では、水芭蕉を牛のベロとも呼んでいる。下ウルイ。
昨年より雪消えが早く進み、山菜も顔を出しはじめた。お待たせ下田郷は、雪から山菜の季節となりました。

  ギンナン 爺


同じカテゴリー(自然)の記事画像
ヒメサユリ開花情報 2018.05.20 flowering information of Himesayuri
ヒメサユリ開花情報 2018.05.15
ヒメサユリ開花情報 2017.06.04 flowering information of Himesayuri
今年の自然薯
桜の木に桜桃を接ぐ
恋するキョロロ
同じカテゴリー(自然)の記事
 ヒメサユリ開花情報 2018.05.20 flowering information of Himesayuri (2018-05-21 02:08)
 ヒメサユリ開花情報 2018.05.15 (2018-05-17 18:45)
 ヒメサユリ開花情報 2017.06.04 flowering information of Himesayuri (2017-06-05 14:06)
 今年の自然薯 (2016-06-30 17:18)
 桜の木に桜桃を接ぐ (2016-06-17 10:56)
 恋するキョロロ (2016-05-31 08:23)

Posted by しただ郷 at 16:42│Comments(2)自然
この記事へのコメント
水芭蕉の白色が鮮やかですね、種類も多数あるんでしょうか。
Posted by じご at 2013年04月17日 17:59
知識がなくてわかりません。悪しからず。
Posted by ギンナン爺 at 2013年04月18日 19:11
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。