2013年05月14日

史蹟を訪ねて




今日は、案内人ほか新潟日報社から2名、三条新聞、新潟県教育庁より各1名、下田郷郷土歴史研究会4名、三条市民部生涯学習課5名、しただ郷エコツーリズム推進協議会3名計17名の参加で、文政年間に発見され、明治3年まで存続していた拾石銀山の史蹟を訪ねて、まだ残雪が濃い粟ケ岳の山中へ。
前は手入れが行き届き歩きやすい道だったが、近年は山に入山する集落の人達も少なくなり、やぶになった道を辿り、何とか目的地に着いた。



いざ出発に当たり、皆さん気をつけてのお話等々。



足元に気をつけて、涼風吹く水清き中ノ俣沢を渡る。




落差15m近い滝。雪解けの水で水量かなり、轟々と流れ落ちるたきを見ながら、一路山中へ。




拾石沢に到着だ、まずは腹ごしらい。


 ギンナン 爺



Posted by しただ郷 at 22:01│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。