2013年07月26日

ハンミョウの毒

poison of tiger beetle
7月26日

ハンミョウの毒

マメハンミョウ Blister Beetle


ジャガイモを堀はじめたら、頭が赤くから枝の黒い変な虫がいました。マメハンミョウです。ハンミョウと付きますがツチハンミョウの仲間です。体内に猛毒成分をもっています。 カンタリジン(ヒトの致死量は、約0.03g)という 有毒成分です。体液に触れただけでもヤケド状の水ぶくれになるほどです。洋の東西を問わず古来毒薬として利用されてきたそうです。日本では忍者が毒としてあつかったり、大奥で若君を狙ったりするのに使おうとしたらしいです。いわゆる「斑猫(ハンミョウ)の粉」です。しかし、日本の場合、江戸時代の初期に渡来した『本草綱目』を訳した際、ハンミョウ科のハンミョウと間違えられたのだそうです。こちらのハンミョウは獰猛な顔と毒々しい体色でいかにもという感じですが毒はもっていません。(獰猛なのでうっかり掴んで噛まれたりすることはあります。)だから、忍者も力を発揮できなかったし、若君も無事だったようです。

ハンミョウの毒

ジャガイモの収穫 harvest of potato


大豆の葉の害虫らしいですが、ジャガイモの葉にいました。
今日はジャガイモを収穫しましたが、半分ほどで採って遅くなったので止めました。ややイモは小さく収量は少なめですが、母がグループホームに入って食べるのは私だけなので、これくらいでも多すぎるくらいです。

ハンミョウの毒

モリガメ





Posted by しただ郷 at 23:54│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。