2014年12月30日

毎年恒例




じゃンぼな杵でつくもち米は、一うす三升。

残り少なくなった平成26年12月30日の天気は、午前中は水分を多量に含んだ雨に近い雪。午後からは雨になったが、雨は時々止み、雪よりはいい天気かな。
そんな30日、あるお宅では毎年この日に、親戚をまじえて昔ながらの餅つきをやる。
お邪魔し、つきたての餅をいただきながらの撮影。餅は杵つきだけあって、すべすべとし、そしてこしがあり、良く伸びる特級品。撮影は餅並みとは行かず2級品だ。


我が家には、これもまた毎年30日に八木神社の神官が、竃殿之御祓に来てくれます。
これから先大雪にならないようと念じて、正月を迎えます。

 ギンナン 爺


同じカテゴリー(伝統・歴史)の記事画像
河井継之助敗走ルート
消えゆく下田の古民具
今年もだんごいただきました
竿はかり
しただ鉈Ⅹ
100年を経た建具・和紙
同じカテゴリー(伝統・歴史)の記事
 河井継之助敗走ルート (2014-05-18 23:33)
 消えゆく下田の古民具 (2014-03-21 10:53)
 今年もだんごいただきました (2014-02-17 10:51)
 竿はかり (2014-02-04 15:30)
 しただ鉈Ⅹ (2013-06-13 16:40)
 100年を経た建具・和紙 (2013-06-11 18:52)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。