2010年07月12日

虫送り

虫送り
しただではこの時期に田んぼの害虫を防ぐための伝統行事である「虫送り」を行います。
梅雨時に発生する「うんか」の害を防ぐために、子供たちが笹を持ち、酒をまいた笹で田をなでることで病害虫を防ぐというもの。太鼓とホラ貝とともに練り歩きます。

虫送り森町地区の自治会長さんのお話です。
この地区では精和会という青年団が主催します。
昭和の時代、途切れていた時期もあったそうですが、近年、復活されたそうです。

虫送り
この地域ではトラックに太鼓を乗せて練り歩きます。

虫送り
ワンパク盛りの子供たち、どんな時も遊びを見つけます。練り歩いた後は花火をもらって終了です。
笹は以前は川に流していたそうですが、今はそれもできず、花火と引き換えに回収します。

虫送り
一方、庭月地区では毎年7月15日が虫送りの日だったのですが、近年は参加する家庭の都合で土曜日に行うようになったそうです。
子供の行事なのですが、庭月地区では小学生がひとりとなり、大人や老人も一緒に練り歩きます。そして今では…

虫送り
ワンちゃんも一緒に練り歩きます。

虫送りはしただの各自治会で行われています。17日ごろがピークのようです。

虫送り
ひーちゃん



タグ :虫送り

同じカテゴリー(伝統・歴史)の記事画像
毎年恒例
河井継之助敗走ルート
消えゆく下田の古民具
今年もだんごいただきました
竿はかり
しただ鉈Ⅹ
同じカテゴリー(伝統・歴史)の記事
 毎年恒例 (2014-12-30 17:36)
 河井継之助敗走ルート (2014-05-18 23:33)
 消えゆく下田の古民具 (2014-03-21 10:53)
 今年もだんごいただきました (2014-02-17 10:51)
 竿はかり (2014-02-04 15:30)
 しただ鉈Ⅹ (2013-06-13 16:40)

この記事へのコメント
盆踊りは少なくなりましたが、虫送りはどこもしっかりおやりになっているようです。
だんだん上流から下って行き、私の中組では昔から7月20日と決まっておりましたが、現在は20日に近い休日にしています。
各集落で、太鼓の叩き方や掛け声が違い、素朴で趣がある言わばB級文化財です。
中組は「ぽーぽがんがん稲虫送れー送れー」と声を掛けます。
Posted by 藤兵衛 at 2010年07月12日 09:36
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。