2010年09月10日

鮎の友釣り



晴れ間の続いた日、駒出川沿いを車で走っていると、川に入っているお父さんたちが4・5人、何をしているのか声をかけてみると・・・友釣り用のおとりあゆを捕っているとのこと。見学させていただきました。



川の中に4人、川沿いの道に1人ついています。どうやら上から見ているおじさんがキーマンのようで、鮎がどこにいるかを川の中の人に教えています。川の中には投網の人が1人、大きな手網を持っている人が1人、他に鮎を追い立てる役の人が2人います。
最初はなかなか網に入らないのですが、手網と投網で追い込む作戦となりました。



上から見ているおじさんが「ほら、そこにいっぺこと鮎がいるぞ~~」と声をかけます。
そして下流から手網のおじさんが鮎をゆっくりと追い込みます。
そして、、、



上流にいた若い人が投網をかけます。



見事!3匹をゲットしました。
「これで1人2匹づつわけられるぞ~!!」とおじさんたちは嬉しそうです。最高齢は80歳の方から40代?ぐらいの若手までみんな大喜びです。しただの人たちはこうやって自然と共に暮らしてきたんだなあと感じられるひと時でした。
しかし、本当に素晴らしいチームワークでした。icon01
アユ釣りは今月いっぱい楽しめるそうです。


ひーちゃん




同じカテゴリー(伝統・歴史)の記事画像
毎年恒例
河井継之助敗走ルート
消えゆく下田の古民具
今年もだんごいただきました
竿はかり
しただ鉈Ⅹ
同じカテゴリー(伝統・歴史)の記事
 毎年恒例 (2014-12-30 17:36)
 河井継之助敗走ルート (2014-05-18 23:33)
 消えゆく下田の古民具 (2014-03-21 10:53)
 今年もだんごいただきました (2014-02-17 10:51)
 竿はかり (2014-02-04 15:30)
 しただ鉈Ⅹ (2013-06-13 16:40)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。