2014年07月26日

監査廊は12℃



大谷ダム工事中昭和61年8月25日撮影。航空写真パネルより





今年一番の暑い日となった26日、大谷ダム見学会に参加した。参加者は、親子連れも含め40名近い。ダム管理職員の歓待を受け、受付へ。そこで記念品と、資料を頂く。ダムの概要説明の後ダム管理室へ。管理室はモニター、パソコン等他にもいろいろありだが、隣の笠堀ダムで管理しているとか。
最後は関係者でないと入れない、堰堤の底にある監査廊へ移動。堰堤直下75mの監査廊は温度は12℃と、寒い。職員の説明によれば監査廊には3か所に地震計、他に水圧計等の計器類で、ダムの状態を監視しているとの事。
このダムで使う電気も又、底で発電している。大谷ダムはエコダムだな。
管理室、堰堤の中にはこんな機会でないと入れないので、良い勉強になりました。
職員の皆様ありがとう御座いました。

 ギンナン 爺






同じカテゴリー(地域づくり)の記事画像
巨大クレーン giant crane
移住希望者? migrant?
黄色いレシートキャンペーン
花園の思い出に memory of flowers
イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン
八十里越え、ロングトレイルの可能性
同じカテゴリー(地域づくり)の記事
 巨大クレーン giant crane (2015-10-26 01:43)
 移住希望者? migrant? (2015-07-11 06:00)
 黄色いレシートキャンペーン (2013-10-12 01:43)
 花園の思い出に memory of flowers (2013-06-05 00:36)
 イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン (2013-04-11 17:26)
 八十里越え、ロングトレイルの可能性 (2013-02-24 17:07)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。