2012年12月04日

「八十里越」という本

A book named 'Hatijuurigoe'





何気に立ち寄った地元の図書館で「八十里越」というタイトルの本を見つけました。平成元年6月発行で、社団法人北陸建設弘済会編集・発行となっていました。編集委員会、編集委員は、丸山幹雄、高橋忠夫、武川武彦、尾身榮一、中邨脩、長谷川好となっています。表紙のわけわからないイラストは松ヶ崎あたりの雰囲気です。
面白いかどうかはともかく200ページ超の八十里越えに関した本の資料性はすごいです!



モリガメ



タグ :八十里越え

同じカテゴリー(;歴史)の記事画像
明治新道草刈り
今はダムの底となった大谷集落の大杉
戸数3戸まで減ったある集落
ルンルン!古道調査
八十里越街道沿いにあった宿屋兼茶屋・しもの茶や
130年余りの歳月が流て
同じカテゴリー(;歴史)の記事
 明治新道草刈り (2015-10-22 11:55)
 今はダムの底となった大谷集落の大杉 (2015-01-24 14:54)
 戸数3戸まで減ったある集落 (2015-01-15 14:17)
 ルンルン!古道調査 (2014-11-12 03:10)
 八十里越街道沿いにあった宿屋兼茶屋・しもの茶や (2014-08-27 16:08)
 130年余りの歳月が流て (2014-07-07 16:47)

Posted by しただ郷 at 23:48│Comments(2);歴史
この記事へのコメント
埋蔵金の事などはおもしろい。北五百川の飯塚さんは親子2代に亘り会津に商いに。先代は八十里越えだった。長谷部フジノさんは、現冨岳堂生まれだと聞いておる。
Posted by ギンナン爺 at 2012年12月05日 20:10
なかなか本を読む時間がないけどじっくり楽しみます。
Posted by モリガメ at 2012年12月05日 21:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。